VISAとならぶ2大国際ブランド

MasterCardは、1966年にアメリカ東海岸に本拠地を置く大手銀行が中心となり設立したインターバンク・カード協会(ICA)を起源とする国際ブランドです。ICAは、当時急成長を遂げていたVISAの前身であるバンカメリカードに対抗し設立されました。1968年にスウェーデンでカード発行を行っていたユーロカードと提携し、1970年代にマスターチャージからMasterCardへとブランド名を変更し現在に至ります。

MasterCardもVISAと同様に、国際ブランドの運営会社であり、プロパーカードの発行は行わず、世界各国でのクレジットカードの発行及び加盟店の開拓業務等はMasterCardからライセンスを供与された会社が行っています。

日本においてのMasterCard

日本においては1969年にダイヤモンドクレジット(現・三菱UFJニコス)が国際ブランドとしてマスターチャージブランドを採用した始めてのクレジットカードを発行。現在は三菱UFJニコスを始め、イオンクレジットサービス、セディナ、ライフ、オリエントコーポレーションなどのクレジットカード会社と提携し業務を拡大しています。

世界的なブランディング

『お金で買えない価値がある、買えるものはマスターカードで。』のCMでもおなじみになっていますが、「Priceless」をキャッチフレーズとし、全世界でイメージ戦略を進めています。

  • クレカ現金化は審査もなく手軽に利用できますが、使いすぎには十分に注意してください。
  • http://www.zezazone.com/
  • 現金化の口コミをよく確認し、評価の悪い店舗は避けましょう。
  • http://www.shjcfz.com/
  • 実は、ショッピング枠が換金できるのは案外知られていない事実です。
  • http://www.ecoequitable.com/